コラム

後悔しないエアコンの選び方

 

毎年おとずれる猛暑は、


うちわや扇風機でしのぐのもつらいほどの暑さですね。

 


熱中症という危険性もありますから、


もはや、エアコンは欠かせない電気設備となっていて


年間約800万台のエアコンが国内で出荷されているほどです。

 

 

それでは、どのようなエアコンを選べばいいのか?


購入したあとに後悔しないエアコンの選び方について


ポイントを3つご紹介します。

 

① 部屋の広さ

② 能力

③ その他

 

今回は、3つのポイントのうち


「① 部屋の広さ」について、お話ししていきます。

 

 

まず一番に注目するべきなのが「①部屋の広さ」です。


ただし、部屋の広さといっても注意が必要なのです。


理由は、建物の構造に関係しています。


木造の家、鉄骨の家、鉄筋コンクリートの家など、


住宅の構造の種類はさまざまですから、


どの構造物も同じような効果が得られるとは限らないからです。

 

 

各メーカーのカタログや、家電量販店の価格表示などのところに


目安となる畳数が表記されています。


たとえば「6~9畳」と書かれていた場合、


「6畳から9畳程度の部屋で使えるんだ」と思うかもしれません。


しかし、この表記はそういった意味ではなく、


下記のような目安を示しています。

 

6畳・・・木造平屋建て 南向きの部屋

9畳・・・鉄筋コンクリート集合住宅 中階層 南向きの部屋

 

 

というのが、この目安の正しい読み方となります。

鉄筋コンクリート造りは、木造よりも密閉率が高いので、


エアコンの効果が得られやすくなるので、


目安となる部屋の広さに、違いができるというわけになります。


ちなみに、「南向き」というのは、


日当たりのよい、室内温度の上がりやすい部屋が想定されています。

pagetop