コラム

後悔しないエアコンの選び方 ~その②~

 

後悔しないエアコンの選び方~その②~

 

前回に引き続き、エアコンを選ぶときのポイントについてお話していきます。

 

おさえておきたい3つのポイントのうち


「① 部屋の広さ」についてのポイントをご紹介しましたが


今回は、「②能力(kw)」と「③その他」のポイントを見ていきます。

 

 

部屋の広さが確認できたら、


つぎは「能力」についてチェックしていきましょう。

 


能力とは、エアコンのパワーがどれくらいあるのかを示した値です。


カタログや、家電量販店の価格表示の札などに記載されていて


数値が大きければ大きいほど、そのエアコンのパワーが強いことをあらわします。

 


また、その下に(0.3~5.7)などといったようにカッコ内に数字の表記がありますが


これは、パワーの範囲をあらわし、ふり幅が大きければ大きいほどに


高い能力を備えていることになります。

 

 

「② その他」では、部屋の広さや能力にくわえて


おさえておきたいポイントです。

 

・建物の種類

・部屋の用途



ひとつ目は、建物の種類です。


木造、鉄骨造り、鉄筋コンクリート造りなど、構造の種類はさまざまで、


それにともなって空調の効果も変わってきます。

 


鉄筋コンクリート造りは、気密性が高いので空気が逃げにくい構造です。


木造は風通しのよさがメリットではありますが、


エアコンの空気がとどまりにくい構造でもあるといえます。

 

 

部屋の用途も大切なポイントです。


リビング、寝室、子供部屋など、どこで使うのか?


そして、だれが使うのか?をおさえておきましょう。

 


最近のエアコンは、技術の開発によって


「温度調整センサー付きエアコン」「フィルターお掃除ロボット付きエアコン」「空気清浄機付きエアコン」


といった特定の性能を強化したものがラインナップされています。

 

 

家の構造や設計をしっかりチェックして選ぶと


購入したあとには、きっと後悔がないはずです。

pagetop