コラム

防犯カメラの導入が増える理由

 

 

屋外の防犯用品は、

侵入をふせぐための防犯フェンスや、

夜間の防犯に適した暗視スコープ、

そして屋内外のようすを記録する防犯カメラなどがあります。

 

なかでも、防犯カメラの設置件数は、

全国的に見て、年々増加しているのですが、

その理由は、やはり昨今の予想もつかない

深刻な事象が絶えないことと、

その恐ろしさからくるのではないでしょうか?

 

今回は、個人で防犯カメラを設置したとき、

どのような効果が期待できるのか考えてみます。

 

防犯カメラを取り付けることで、どのような効果があるのでしょう?

 

    犯罪、侵入を未然に防ぐことができる

    事後解決の検証材料として使える

 

屋内に侵入されないようにすること。

何よりもこの効果をいちばん期待したいですよね。

 

泥棒、空き巣、不審者は

犯罪が映像記録として残ることを警戒します。

 

ですから、防犯カメラがあるとわかっただけでも、

侵入するのを躊躇することでしょう。

 

威嚇することで「心理的抑止力」が働く、

その防犯効果は、低いものではないでしょう。

 

また、万が一にも事が起きてしまったときには、

カメラで撮影された映像は、

事後の解決のための有効な検証材料として役立ちます。

 

電気・ガス・水道のライフラインにかかわる設備と比べると

防犯用品の導入検討は、

優先順位が二の次三の次になる場合もあるかもしれません。

 

しかし最近では、個人で設置できる防犯カメラにも、

画素数の高いものや、スマホなどのモバイルと連携できるものなど

ホームセキュリティーの機能を

幅広く対応できるものが増えてきました

 

ご予算や求める機能性は、どうぞご相談ください。

 

お問い合わせはこちらから

pagetop